"とらまた動物記" 改め "とらログ"です。記事にない写真・動画はリンクからどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

こっちも久々の上野動物園[6/2]

こちらも久々上野動物園です。
といっても6月2日以降は結構頻繁に行ってるのですが(更新が追いつかないのです)
6月2日の写真の方は整理が終わったのでちょっと貼っておきますね。
この日はあまり閉園まで時間がなかったので写真は少ないです。

オオモリクイナという鳥です。
何か初めて見た気がするのですが今まで見逃していたのでしょうか?
こういう大き目の鳥は見ごたえがありますね。
オオモリクイナ
オオモリクイナ posted by (C)とらまた

こちらも初めて見たような気が……ホオアカオナガゴシキドリです。
ゴシキドリといえばヒゲゴシキドリなら毎回見ているのですが。
アゴヒゲみたいなのが凄いんです。
過去にフォト蔵にアップロードしているはずなので興味のある方は是非。

ホオアカオナガゴシキドリ
ホオアカオナガゴシキドリ posted by (C)とらまた

いつの間にか3頭に減ってしまっていたドール
寿命か病気で死んでしまったのか、繁殖のため他の動物園に移されたのか?
ドール
ドール posted by (C)とらまた

オグロプレーリードッグの赤ちゃんです。
岩をよじ登ったり降りたりと行動が危なっかしいです。わんぱくな奴らめ。
カラスの被害は無くなった模様。
オグロプレーリードッグ
オグロプレーリードッグ posted by (C)とらまた

アメリカバクの……ナニさ?
アメリカバク
アメリカバク posted by (C)とらまた

そういえば昨日(6月16日)も上野動物園に行ったのですがこいつにおしっこを飛ばされました
あと人一人分左にいたら直撃を食らっていたところです。

さて、こちらはガラパゴスゾウガメです。長い首を引っ込めると変な顔w
ガラパゴスゾウガメ
ガラパゴスゾウガメ posted by (C)とらまた

ガラパゴスゾウガメと一口に言っても島ごとにいろいろな種類がいます。
大きく分けると湿地帯に棲む甲羅がドーム型の子、乾燥帯に棲む甲羅が鞍型の子になります。
鞍型だと高いところにある葉が食べられるので有利な訳です。この子はドーム型の子ですが。
ガラパゴスのGalapagoというのは実は陸ガメの意味で、過去ガラパゴス諸島は陸ガメが大量にいる島々だった訳です。
それが長期航海用の食料目的で今じゃロンサム・ジョージなんて子がいるくらいですからね……。
意外と食料として狩られたため絶滅した動物というのはいるものなんです。
なんでこんなにガラパゴストークが長いかというと先日ガラパゴス博物学なる本を購入いたしまして。

最後に悲しいお知らせがありました。
さようなら ゼニガタアザラシのメイ
さようなら ゼニガタアザラシのメイ posted by (C)とらまた

以前東園のプールでカリフォルニアアシカの群れの中、1頭だけで哀愁を漂わせていたゼニガタアザラシのメイが亡くなっていました。
ご冥福をお祈りします。

よくよく見るとそれだけじゃなくて、いつの間にかカピバラとラマも1頭ずつ減っているし、アメリカバイソンと一緒にいた七面鳥も居なくなっている……どうしたのでしょう。
他所の園に移ったとかなら良いのですが。

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

tag : 上野動物園 ホオアカオナガゴシキドリ オオモリクイナ ドール アカオオカミ オグロプレーリードッグ プレーリードッグ バク アメリカバク ガラパゴスゾウガメ

2010-06-17 : 動物園 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
これが噂のガラパゴスゾウガメ・・・w
なんともよくわからない動物ですが存在感ありますね・・・w

アザラシのメイさんお疲れ様でした
でもお知らせの「死亡してしまいました」って表現・・・
もう少し何とかならなかったんでしょうかね・・・?
2010-06-21 01:08 : korn URL : 編集
>kornさん
kornさんいらっしゃい、今回はPCアクセスなのですねw
このサイズの陸ガメはガラパゴスゾウガメを除いては1種しかいないそうです。
よく分からない動物に見えるのは多分写真が首をひっこめたときのものだからですw

>もう少し何とかならなかったんでしょうかね・・・?
それ、私もよく思うのですが

「お亡くなりになりました」→丁寧すぎて人によっては不自然に感じるような気が
「死にました」→さすがに冷たい
「息を引き取りました」→微妙?

動物園に来る人って必ずしも動物好きって人ばかりじゃなくて、単に観光・娯楽で訪れたのがたまたま動物園だったって人も多いと思うんですね。
だから何となく動物達に愛着のある私たちには違和感がありますが、この表現は妥当なんじゃないかなぁと思います。

昔は動物園において、動物の誕生や訪れは大々的に宣伝されますが、動物の死というものは告知されないことが多かったそうです。
最近は動物園にもよりますが徐々に告知されるようになって来ていると思います。
ただ、それも名前のついている人気動物に限ったことでしょうけど。膨大な量の動物がいるので仕方ないんですけどね。
いつの間にかいなくなっている動物っているんですよ、やっぱり。
上野動物園には確か慰霊碑のようなものが建っていたと思います。
2010-06-21 18:12 : とらまた URL : 編集
ヤンバルクイナだって木にとまりますね
オオモリクイナ。
一見するとクイナではない別の鳥のようですね。

でもよく見ていると丸い体に細長い足。
たしかにクイナのようでもあります。

やっぱり木の上にいるのでイメージが変わるのでしょうか。


さすが日本一の動物飼育数を誇る上野動物園。
いろんな動物がいますね。
2010-06-23 20:31 : ノート URL : 編集
クイナ科はどんな鳥だろう
>ノートさん
クイナってヤンバルクイナくらいしか分からなかったりします^^;

実はこれ、結構高い位置でして多分ノートさんが想像してらっしゃるより大分高いと思います。
私が上野動物園に行くと大抵バードケージの1階を見忘れるのですが、普段はそこにいるのかもしれません。
2010-06-24 03:08 : とらまた URL : 編集
クイナ
私の勝手なクイナのイメージです。

丸い体にちょっと長めの首にちょっと細長めのクチバシ。
ちょっと長めの脚はがっしりしていて先には太くて長い指がついてる。

ですのでオオモリクイナはいかにもクイナっぽいと思います。
もちろんヤンバルクイナもクイナっぽいと思います。


いつも前を素通りしていますが、今度上野公園に行ったときには動物園にも行ってみます。
2010-07-01 01:03 : ノート URL : 編集
クイナ科
>ノートさん
クイナ科の鳥は普段近所ではお目にかかれないのですが、図鑑を見ればなるほど、丸い体をしていますね。
野生で気軽に見られるとしたらクイナかバンみたいですね。
他はヤンバルクイナのように地域が限られていたり少数が渡ってくるだけだったり……。
というか渡りをするクイナがいるんですね。
ヤンバルクイナのイメージが強いので飛ぶのは苦手なものだとばかり思っていました。

上野動物園は面白いですよ。
多摩動物公園も良いですが、繰り返し行って面白いのは上野動物園の方かもしれません。
狭い分展示に色々工夫があり、また1頭1頭の動物をじっくり見ることができます。
展示施設は日々改装されており、半年も行かなければそのギャップに驚くことになると思います。
2010-07-01 11:39 : とらまた URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

とらまた

Author:とらまた
写真:フォト蔵
動画:ニコニコ動画

月別アーカイブ


検索フォーム

写真


100件まで表示されます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。