"とらまた動物記" 改め "とらログ"です。記事にない写真・動画はリンクからどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

更新遅れすぎだろう。上野動物園[6/9]


もう1ヶ月ほど前の写真です。まぁ最近風邪をひいていたので丁度良いのです。

ニホンザル(下北ザル)
ニホンザル(下北ザル) posted by (C)とらまた

下北ザルの毛づくろいの写真です。胸倉を掴んでいる写真ではありませんw
フォト蔵の方にも書きましたが、以前サル山にいたサルは血統の管理が悪く、色んな亜種の混血だったそうです。
そういう事情があって下北ザルサル山にやってきた訳ですが、今までいたニホンザル達はブラッザグエノンなどがいるコーナーへ移されました。

そのせいかどうかは分かりませんが大暴れしてました(汗
もっとも私が見たのは移されてから大分たってからですが。

ちなみにニホンザル下北ザル)は世界で最も北に棲むサルです。


コンドルです。翼を広げて静止していました。

コンドル
コンドル posted by (C)とらまた

この大きさが伝わるでしょうか?比較の対象になるようなものがないのが残念です。
せめてリンク先にいって元サイズの画像を見ていただきたいなと思います。


スマトラトラのクンデ君です。
私のHNから分かりますとおり、トラには特別思い入れがあります。

スマトラトラ
スマトラトラ posted by (C)とらまた

嗚呼、可愛いなぁ!スマトラトラは小柄なので近くで見ると思わず抱きしめたくなります!
勿論危険極まりないですけどね!でも可愛いんです!

ひょっとすると以前にもお話したかもしれませんがオスのスマトラトラにはたてがみがあるんです!
ふっさふっさですね!いいですね!たてがみが絡まっちゃってる可哀想な子もいますが、この子はたてがみが綺麗ですね!

スマトラトラも良いんですが北国仕様の黄色でふかふかのアムールトラも好きです!
生きている間に一度でいいから野生のアムールトラに会いたいものです!
しかし、私の命が尽きる前に野生のアムールトラ、いえ、野生のトラが潰えてしまうかもしれません。
アモイトラに至っては今30頭程度しかいないと言われています。ひょっとすると既に絶滅しているかもしれません。

過去にはジャワトラ、バリトラ、カスピトラが絶滅しています。(ロプノールはカスピ扱いで)
ベンガルトラは中国で漢方薬にされたり毛皮が狙われたりします。
その点ではアムールトラは比較的(あくまで比較的)安全ですが、生息地の森が足りないんですね。
飽和しちゃってるんです!森を広げないとアムールトラも増えないんです!

アムールトラが増えると嬉しいですね!でも皮肉にもアムールヒョウがアムールトラに狩られちゃうんですね。
アムールヒョウは30頭くらいしかいないんですね。貴重なんです!絶滅寸前なんです!

嗚呼!トラ!トラ!トラ!可愛いよ!会いたいよ!絶滅しないでよ!伝説上の動物になっちゃうよ!

・・・ってルイズのコピペか俺は!

あ、分からない人は分からないで良いのでそのままでいて下さい。

追記:変なテンションで書いていました。すいません。暫くして風呂に入ったら落ち着きました(汗

ネタに走りましたがトラを保護したい、野生のトラに会いたいという私の気持ちは本当なのです。

トラだけじゃありません。絶滅危惧種を守りたいのです。
でもそれは私のエゴであって、正義を掲げるつもりは毛頭ありません。それが人間ですから。

スマトラトラ
スマトラトラ posted by (C)とらまた

多少暴走してしまいましたが、続けてクンデ君の後姿です。
スマトラトラは毛の色がアムールトラに比べて濃いんですよね。グロージャーの法則です。
厳密には"法則"というべきではないのでしょうが、同種の動物において北方(北極付近)ほど色が薄く南方(赤道付近)ほど色が濃くなるというものです。
クマなんかもそうですね、ホッキョクグマとかヒグマとかマレーグマとか。

スマトラトラ
スマトラトラ posted by (C)とらまた

この日は珍しく色々と動き回って、色んな姿を見せてくれたクンデ君!
この後ブイをキックしたりマーキングしたり骨をかじり直したり。


日本に生息しているカメです。特にニホンイシガメは日本固有種だとか。

ニホンイシガメとクサガメ
ニホンイシガメとクサガメ posted by (C)とらまた

普段野生のカメなんて見かけないので、こういったカメが日本にいるんだなぁと思うと嬉しくなってきます!
しかし、帰りに不忍池で見かけたのはミシシッピーアカミミガメorz


最後にハシビロコウさん。

ハシビロコウ
ハシビロコウ posted by (C)とらまた

なかなか動かないことと、鋭い眼光、大きなクチバシで人気者の彼らですが……

ハシビロコウ
ハシビロコウ posted by (C)とらまた

真正面から撮影すると鋭い眼光でもないんですね、実は。
むしろひょうきんな感じでこれはこれで愛らしい!

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

tag : 上野動物園 動物 ニホンザル 下北ザル サル コンドル スマトラトラ トラ ニホンイシガメ

2010-07-05 : 動物園 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
日本にあんなに大きいカメがいるのが
ビックリ!( ゚Д゚)エェー!?
普通に何処にでもいるのでしょうか・・・。

読ませて頂いた中に知らない事がたくさんあって、
とても新鮮でした。
勉強になりそうです(-ω☆)キラーン


2010-07-08 23:16 : noe URL : 編集
クサガメって草亀じゃなくて臭亀らしいです
>noeさん

先日はどうも、こんにちは!
調べてみたら結構どこにでもいるカメだったらしいです。昔は。
やっぱりミシシッピアカミミガメに圧されちゃってるらしいです……。

んー……大きさなんですけれども写真で見るのと実物を見るのだと大きさの感覚が大分違うんです。
確かにそこそこ大きいカメではありますけど、多分noeさんの思っているよりかは小さいと思います。
煙草の箱とかが一緒に写っていると分かり易いんですけどね。

このスマトラトラも想像より小さいと思います。
実際私が初めて見たときに感じましたし、よく動物園でもそういう声を耳にします。
アムールトラは想像通りの大きさでした。
2010-07-08 23:49 : とらまた URL : 編集
No title
草亀じゃなくて、臭亀!?
ホントですか(゚Д゚;

ミシシッピアカミミガメってペットとして入ってきた亀ですか?
昔は良く見られた生き物たちが見られなくなってしまう
のは悲しい事ですね。
放すのではなく、責任を持って最後まで飼って欲しいものですね。

2010-07-14 22:49 : noe URL : 編集
泥っぽい臭いを発するそうです
ミシシッピアカミミガメはその時写真を撮る気になれなかったので、私のフォト蔵には写真はありませんが、赤い模様があるので一目で分かると思います。
ガビチョウなんかもペットとして連れてこられた外来種なのですが、人馴れしているのか良い写真がよく撮れて複雑な気持ちになります。

私の好きな某漫画では「生き物を飼うならころす覚悟を持て」などと書いてありましたねー。
勿論これはころすことを推奨している訳ではなく、可哀想だからと逃がせば生態系を破壊しかねないことを理解してから飼え、ということなのですけど。
2010-07-15 00:47 : とらまた URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

とらまた

Author:とらまた
写真:フォト蔵
動画:ニコニコ動画

月別アーカイブ


検索フォーム

写真


100件まで表示されます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。