"とらまた動物記" 改め "とらログ"です。記事にない写真・動画はリンクからどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

更新遅すぎですが大哺乳類展に行って来ました。[6/10]

咳の出る病気は軽い気管支炎で治りつつあるとらまたです。
今日は6月10日に行った大哺乳類展の写真を紹介したいと思います。
あ、勿論写真撮影は(一部除いて)フラッシュを焚かなければOKでしたので。

上野大哺乳類展 - 剥製
上野大哺乳類展 - 剥製 posted by (C)とらまた

こんな感じです。

上野大哺乳類展 - 剥製
上野大哺乳類展 - 剥製 posted by (C)とらまた

終了間際の日ということもあり大混雑でしたが、解説のプレートも充実しており中々面白かったです。
野性ネコの剥製をプレートを見ずに全部名前を当てたのがちょっとした自慢。(たまたま知ってたのが並んでただけですけどね)

上野大哺乳類展 - 突然変異のアミメキリンの剥製
上野大哺乳類展 - 突然変異のアミメキリンの剥製 posted by (C)とらまた

こちらは昔上野動物園で飼育されていたアミメキリンの剥製なのですが、突然変異で網目模様がありません。

あとは骨格標本とかも沢山ありました。その中の一枚を。

上野大哺乳類展 - オオアリクイの頭骨
上野大哺乳類展 - オオアリクイの頭骨 posted by (C)とらまた

オオアリクイの頭の骨ってこうなってるんですね。

あとはこんな感じ。

上野大哺乳類展 - 骨格標本
上野大哺乳類展 - 骨格標本 posted by (C)とらまた

興味深い資料も多かったので一所懸命写真を撮ってたのですがバッテリー切れ、ビデオカメラで写真も撮れるのですが、ビデオ撮影禁止なので誤解を招かぬよう携帯電話で撮影。でもグッズコーナーの本に大方全部載ってました。


大変興味深いものがありましたけど、やっぱり生きてる姿の方が見てて楽しいです。
という訳でこの日はこの後上野動物園に行きました。

マダガスカルマングース科のフォッサという珍しい動物がやってきたということで期待していたのですが……

フォッサ
フォッサ posted by (C)とらまた

ご覧のありさまだよ!
残念ながらこの子はこの日寝てばっかりでした。
なんとか水を飲んでる姿を動画に納めることはできましたが、大体腹見せて寝ていました。
マダガスカル島の食物連鎖の頂点だそうなので仕方ないね!

フォッサ
フォッサ posted by (C)とらまた

なんとか顔を綺麗に写したいと苦心するも駄目。

フォッサ
フォッサ posted by (C)とらまた

しばらく目を離していたら場所を変えて寝ていました。

フォッサ
フォッサ posted by (C)とらまた

まぁお話しないでも予想がつくと思いますが、フォッサも絶滅危惧種です。
この子もきっと貴重な血統なんだろうなぁ……なんだろうか?

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

tag : 上野動物園 大哺乳類展 フォッサ マダガスカル島

2010-07-17 : 博物館 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
ガゼル・ベイサオリックス・オカピにエダツノレイヨウ、センザンコウにコビトカバ・グレビーにアルプス・・・・・・。
なんとスバラシイ、これ剥製なんですか?
いいなぁ都会って、こういう機会が身近にあるんだもんな。
フォッサとは寡聞にして知りませんでしたが・・・・なんだかヤル気なさげな動物ですねw
2010-07-18 22:02 : 牛柄 URL : 編集
な、何で名前分かるの・・・?
>牛柄さん
ひゃー……偶蹄目お詳しいですね。
シマウマとか見て何シマウマか分かるんですか?(シマウマは奇蹄目ですが)
素直に驚きました。

>これ剥製なんですか?
剥製です。生きてたら怖いですw
確かに、こういう所は都会の方が良いところですね。
山手線回っているだけでもサンシャイン水族館、目黒寄生虫館、上野動物園、上野の大哺乳類展(期間限定で展示内容は色々変わります)がありますし。
でも、野生動物を直に見るという魅力もまた羨ましくあります。

フォッサは自分も動物園雑誌を見るまでは知りませんでしたが、マダガスカル島最大の肉食獣だそうです。
ネコよりちょっと大きい程度の位の大きさなのに。
上野動物園ではマダガスカルマングース科と紹介されてましたがジャコウネコ科と紹介されている場合もありよく分からない動物です。調べてみたいと思います。
2010-07-18 23:17 : とらまた URL : 編集
さすが科博
さすが科博ですね。
すごい物量と展示スペースです。

日ごろ目にする動物でも、皮と筋肉がなくなるとまったくちがう姿になってしまいます。
骨を見るといろいろと発見もあり、脊椎動物には解剖学の知識の重要性を感じます。

科博の展示、うらやましいです。

なかなか科博に縁が無いみたいで、東京へいっても予定が合いません。
願いがかなうのはいつの日か……
2010-08-02 21:31 : ノート URL : 編集
科博
>ノートさん
今は確か海洋哺乳類系の展示をしていたと思います。
確かに凄い物量とスペースでした。
牛柄さんも仰ってましたとおり都会はこういう点においてはお得かもしれません。

科博ほどのものではないですけど東京近辺で面白い展示のある場所といえば多摩動物公園の昆虫館、目黒寄生虫館なんてのもありますね。
哺乳類ではないので趣向が合うか分かりませんが……。(後者はとても狭くて1時間も見れば十分過ぎるくらいですし)

骨といえばゴリラの頭骨って意外な形をしているんですよね。頭に強い筋肉がついていて顎の力が強いとか聞きました。
2010-08-03 17:12 : とらまた URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

とらまた

Author:とらまた
写真:フォト蔵
動画:ニコニコ動画

月別アーカイブ


検索フォーム

写真


100件まで表示されます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。