"とらまた動物記" 改め "とらログ"です。記事にない写真・動画はリンクからどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

更新の遅いことに定評のある上野動物園写真。[6/16]

1ヶ月以上も前の写真になりますが上野動物園です。

この日は普段はスルーされやすく私もスルーしているエゾシカ展示方面から行ってみました。
緑を背景にしたタンチョウというのも美しいものですね。

タンチョウ
タンチョウ(画像クリックで大サイズ) posted by (C)とらまた

エゾシカのトンちゃんです。何か今年は角が左右非対称っぽい?

エゾシカ
エゾシカ posted by (C)とらまた

下の方を覗いてみると・・・

カルガモの親子
カルガモの親子 posted by (C)とらまた

!?

エゾシカの展示の側溝(の奥)に巣を作ってしまった模様。
子ガモが1羽、側溝の鉄蓋(格子状の奴)に挟まるか引っ掛かるかして脱出できずにいましたが、
しばらくして飼育員さんの手によって救出されました。
飼育員さん曰く「側溝はカラスに狙われないから暮らし易いのかも?」とのことでした。
側溝に溜まった水から何か食べてましたし、結構良い環境・・・・・・なのかな?
トンちゃんはカルガモ一家には無関心みたいです。

カルガモの親
カルガモの親 posted by (C)とらまた

で、子供を放置して一所懸命エゾシカ展示の壁を越えようとする親ガモ。
壁を越えて満足気な姿を見せつけたかと思ったら、また戻る。何がしたいんだ一体!
・・・エゾシカ見に来た人を警戒してたのかな?だったらちょっと悪いことしたかも。
実は動画も撮ってたり。気が向いたら公開します。


こちらはオグロプレーリドッグの子供ですね。

オグロプレーリードッグの子供
オグロプレーリードッグの子供 posted by (C)とらまた

オグロプレーリードッグ自体可愛いのですが、子供はもっと可愛い。

オグロプレーリードッグの子供
オグロプレーリードッグの子供 posted by (C)とらまた



そしてお約束。

ハシビロコウ
ハシビロコウ posted by (C)とらまた

無精卵だけど卵が生まれた千葉ではオスが亡くなりメスだけが残り、伊豆には高齢のビルじいさんが隠居、
日本で繁殖が期待できるのはもう上野動物園だけ・・・・・・


と思ったか!

高知県立のいち動物園

ハシビロコウさん参上だァ!


しかもオスメスペアだよ!
http://www.noichizoo.or.jp/20100723hashibiro.htm

今はまだ長旅の疲れを癒したり検疫を受けたりとかで公開されていません。
ハシビロコウ動物園での繁殖例は非常に少ないそうで、まだ方法が確立されていないようです。
のいち動物園がどんな動物園かあまり知らないのですが、サイトを見る限り結構良い動物園っぽい?
サイトは綺麗でも酷い動物園とかもあるんですけどね。良い動物園だったらいいなー。


話は上野動物園に戻ります。こちら、ヒガシクロサイの子供です。多分。
随分角も大きくなってきました。

ヒガシクロサイ
ヒガシクロサイ posted by (C)とらまた



そして貫禄のあるカバ

カバ
カバ posted by (C)とらまた

しかし飼育員さんの前では・・・

カバ
カバ posted by (C)とらまた

デレデレです!

カバ
カバ posted by (C)とらまた

口の中まで撫で回されたあとにペチペチと愛情込めて叩かれてました。
動画もあったりしますwまたいつか編集してアップロードしたいと思います。


次はオリイオオコウモリです。

オリイオオコウモリ
オリイオオコウモリ posted by (C)とらまた

写真では分かりにくいと思うのですが親子です。
手足の本数を数えていただければ2匹いることは分かると思いますが、翼のガードで中々子供の姿は見られませんでした。


最後にネタ看板w動物園もシャレが利いてますねw
このサイズでは文字が読めないと思うのでリンク先で大きい画像をご覧下さい。

・・・
・・・ posted by (C)とらまた

ちなみにアメリカバクに尿をかけられそうになって初めてこの看板の存在に気づきましたw
あと50cm左にいたらアウトでしたね。

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

tag : 上野動物園 動物 タンチョウ エゾシカ カルガモ オグロプレーリードッグ ハシビロコウ ヒガシクロサイ カバ

2010-07-30 : 動物園 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

漂鳥から留鳥へ
昔の絵でタンチョウが描かれていているのがありますが、タンチョウが住んでいるのは釧路湿原。
もしかして、キリンや獏、ライオンのように想像上の動物「タンチョウ」に似た鳥が北海道で見つかったのか、とか思ったりしていました。

でも昔はタンチョウが日本中に渡ってきていたのですね。

タチョウという種はまだ存続していますが、いろいろな絵に描かれたタンチョウはもう絶滅したのでしょう。

ほんとうなら、動物園へ行かなくても冬になったらタンチョウを見ることができたはず。

渡りのタンチョウが復活できればいいな。
タンチョウの写真を見てそんなこと考えました。
2010-08-13 01:09 : ノート URL : 編集
大陸に棲むタンチョウは―
その話は初耳です。

昔の絵のタンチョウが絶滅してしまったのかは分かりませんが、今は大陸の方にも生息しているみたいです。
もしかしたら絶滅したのではなく大陸の方を棲家に選んだのかもしれませんね。
2010-08-15 21:37 : とらまた URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

とらまた

Author:とらまた
写真:フォト蔵
動画:ニコニコ動画

月別アーカイブ


検索フォーム

写真


100件まで表示されます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。