"とらまた動物記" 改め "とらログ"です。記事にない写真・動画はリンクからどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ハエトリグサの生長記録【微グロ注意】

今日はハエトリグサディオネア・ムスキプラ)の生長記録をまとめてお見せします。

まずは花屋さんから購入した当時の写真です。
購入は6月~7月頭がオススメ。それ以降は管理が行き届かないなどの理由から弱ります。
ディオネア・ムスキプラ
ディオネア・ムスキプラ posted by (C)とらまた

もう一枚。
ハエトリグサ、学名:ディオネア[Dionaea]は植物学的にはムスキプラ[muscipula]の1属1種なのですが、
園芸家の間で様々な品種が生み出されているそうで、レッドピラニアのように葉全体が赤いものや
葉がサメの歯のようになるシャークティースなどといったものなどがあるそうです。
どうやらこの子はジャイアント系の種類っぽいですが・・・・・・よく分かりません。
ディオネア・ムスキプラ
ディオネア・ムスキプラ posted by (C)とらまた


7月4日の写真。植え替えました。
土はミズゴケにパーライトと鹿沼土を8:1:1くらいの割合で混ぜたものを使ってます。

ディオネア・ムスキプラ
ディオネア・ムスキプラ posted by (C)とらまた

7月4日の写真をもう1枚。色が褪せて見えるのは光の関係だったと思います。
ディオネア・ムスキプラ
ディオネア・ムスキプラ posted by (C)とらまた


7月8日。4日後の写真です。
前の写真と比べて頂ければ伸びかけてた葉が伸び、開きかけてた葉が開いているのが分かると思います。
ディオネア・ムスキプラ
ディオネア・ムスキプラ posted by (C)とらまた

7月8日の写真をもう一枚。
本当に葉の色が褪せて見えるのは光の関係です。
ただ、買った当初に比べだんだん緑色から黄緑色に変わってきてはいます。
ディオネア・ムスキプラ
ディオネア・ムスキプラ posted by (C)とらまた


ちょっとここで葉の生長過程を見てみましょう!
まず小さな葉が折りたたまれた状態で生え、徐々に伸びていきます。
次に折りたたまれた状態から捕虫する部分をもたげ始めます。
捕虫部が割れ始めてギザギザになり、最後に開いてギザギザが毛のようになって完成です!
ディオネア・ムスキプラの葉の生長過程
※写真は同じ葉を写し続けたものではありません。


7月22日。何か昆虫を捕らえていました。
昆虫は死んでいるので捕獲されてから暫く経っているようです。
ディオネア・ムスキプラ
ディオネア・ムスキプラ posted by (C)とらまた


7月30日。
ディオネア・ムスキプラ
ディオネア・ムスキプラ posted by (C)とらまた

そして葉の中に奇妙な住人。糸を張ってます赤い極小のクモでしょうか?
小さいので食べられることはありませんが、別の虫がかかったら巻き添えで消化されてしまいますw
ディオネア・ムスキプラ
ディオネア・ムスキプラ posted by (C)とらまた


8月16日。
葉がかなり増えてきました。かなり上の方に向かって伸びています!
ディオネア・ムスキプラ
ディオネア・ムスキプラ posted by (C)とらまた

8月16日の写真をもう一枚。
葉の外側は黄緑色に、内側は紅色になってきています。
毒々しいまでの紅色です!
ディオネア・ムスキプラ
ディオネア・ムスキプラ posted by (C)とらまた


最後にちょっとグロいので気をつけて頂きたいのですが、役目を終えて枯れた葉と
捕まっていた虫の残骸をお見せしたいと思います。

虫を捕らえて養分を吸収し、役目を終えて黒くなった葉です。
別に摘まなくても良いのですが見栄えが悪いのと中を見たかったので摘んでみました。
ディオネア・ムスキプラの捕虫葉
ディオネア・ムスキプラの捕虫葉 posted by (C)とらまた

中はこんな感じです。
ディオネア・ムスキプラの捕虫葉
ディオネア・ムスキプラの捕虫葉 posted by (C)とらまた

そして捕まっていた昆虫はこんな状態。
干からびていてポロポロと崩れました。
ディオネア・ムスキプラが捕虫していた虫
ディオネア・ムスキプラが捕虫していた虫 posted by (C)とらまた


購入時期としては不適なのですが、最近もう1鉢ハエトリグサを買ってみました!
よく見たら3株あったので植え替え。ちょっとひ弱そうな子なので心配です。
上手く生長してくれると良いのですが……。
その写真はまた別の機会に!

テーマ : 植物の写真
ジャンル : 写真

tag : 植物 食虫植物 ハエトリグサ ディオネア・ムスキプラ

2010-08-22 : 植物 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
うーむ、怪獣ですねぇ・・・・・。
ハエトリグサって、間近でマジマジと見たことないんですよ、植物園の崖の上に生えてたのを見上げたくらいかなぁ。
しかしあの歯(?)、ウバユリの実にも似てて、でもこっちのがグロイわw
↓上野動物園、もう10年も行ってないなぁ、というか上京もロクに(涙
上野のプレーリードッグといえば、かつてカラスに拉致され事件がありましたね^^;
2010-08-23 21:41 : 牛柄 URL : 編集
窒素は動物から
季節はずれの食虫植物は、大抵弱っていたり、同じポットになんか変な草が生えていたりと、育てるのをためらっていしまうようなのが多いですね。
時にはハエトリグサのポットにモウセンゴケが生えていたりと得することもありますけど。

でも、そういうのを元気に育てるのも楽しみの一つだったりします。

ハエトリグサの末っ子の話し、楽しみにしています。
2010-08-24 00:32 : ノート URL : 編集
新しい子、ハエトリザウルスって名前で売られてたんですよね。
>牛柄さん
微グロってのは昆虫のことを書いたつもりだったのですがw
でも確かに最近はグロテスクなまでに葉の内側が紅くなってきております。
からす拉致被害があって以来からす対策に細い紐が張られるようになって彼らも安全です!
ただ、ちょっと別件でカラスに関する残念なお知らせもあるのですが次の記事にて・・・。

>ノートさん
新しい子は元気がなくて心配なんですよね・・・。
植え替えたのは良いものの、一番元気そうだった子が弱ってきて、一番心配だった子が元気に。
分からないものです。

モウセンゴケも可愛いなぁ。
特にトウカイモウセンゴケのような葉の広いタイプが好きです。
2010-08-26 02:34 : とらまた URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

とらまた

Author:とらまた
写真:フォト蔵
動画:ニコニコ動画

月別アーカイブ


検索フォーム

写真


100件まで表示されます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。